広島県新民家推進協会
広島県新民家推進協会

ハンドプレカットについて

ハンドプレカットは、加工する木材を大工が丁寧に確かめ、将来のソリやねじれなどの木の癖を見極め適材適所になるように加工していきます。

いわば、木と会話しながら、一本一本ていねいに手刻みで構造材を加工していく方法です。

大工の伝統技術が、家を支える構造材に強さと自然の温かさを与え、切り出された木が「人にも環境にもやさしい家の柱・梁」として生まれ変わるのがハンドプレカットなのです。

ハンドプレカットの強み

ハンドプレカット加工がもっとも活きるのが、「梁」。

丸太の梁やトンネルが強いのは、「アーチ型」の形状だからです。重い屋根を支えるためには、真っ直ぐのカタチよりも、アーチを描いたカタチの方が断然強いのです。

この「アーチ型」の加工は、機械(マシンプレカット)ではできません。

技術ある大工の手仕事だからこそできる職人技・こだわりなのです。

広島県新民家推進協会
広島県新民家推進協会

ハンドプレカットは国産木材

ハンドプレカットで使用するのは国産の木材です。

家を建てる木材では、輸入されたものが良く使われていますが、わざわざ海外から運搬コストと化石燃料を使って運ばなくても、地元の山にはたくさんの木が眠っています。

日本の国土面積に対する森林面積の割合「森林率」は約68%で、日本の国土の3分の2は森林。これは世界第3位の数字で、日本は世界有数の森林大国なのです。

木もその土地にあっているから、生息しているのです。つまり、地元の気候風土で育った木を使うことで、家は長持ちするようになるのです。また、荒れた森林に手を入れるので森の活性化にも繋がります。

強い素材は自然乾燥材

木材の乾燥方法には、自然の風で乾かす「自然乾燥」と、短時間熱風などで機械を使った「強制乾燥」の2種類があります。

現在では、強制乾燥が主流となっていますが、私たちは短期間での乾燥は素材である木にとってあまり良くないと考えています。

それは、木々は時間をかけてじっくり育つもの。乾燥も、自然の風の中で、ゆっくりと手間をかけて乾燥させた方が、調湿作用も高くなり、長持ちする木材へと変わるからです。

広島県新民家推進協会
広島県新民家推進協会

50年経過した木材「古材」

ハンドプレカットでは、古材も丁寧に加工することができます。

古材は築50年経過した建物から取り出された構造木材のことです。木材は、時間経過とともに乾燥が進むと強度が増していくという魔法の構造材なのです。

千葉大学名誉教授の小原氏の研究によれば、樹齢100年のヒノキは、伐採後100年後に最も強度が高くなり、800年から1000年後に伐採時の強度に落ちるという優れた素材なのです。

長持ちして、強度も強くなっていく木材。丁寧に加工し、長く持つようにするには、木それぞれの特徴をとらえ、最適に仕上げる職人の技・ハンドプレカットが必要不可欠なのです。